無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
Airbnbから考える不動産取引の価値観の変化
0

    Airbnbのサイトを初めてじっくりと見てみました。

     

     

    とても面白いしプレゼンテーションの高さを感じるホストも多いです。

    ホストというよりも物件を斡旋している不動産屋にすら思える。

     

     

    かなり古い時代には賃貸借契約書を使わないで物件を貸す時代が

    ありました。

     

    信頼関係をもとに「この人なら貸してもいい」と思える人に

    書類を交わさずに部屋を貸していました。

     

    しかし入居後に家賃が未納であったり

    人間関係の変化から退去してもらいたいけど

    法的に退去させる方法が見つからない。など

     

    貸した後に「やっぱり貸すのをやめておけば良かった」という大家さんが

    多くいました。

     

     

    その結果私たちのような不動産会社が物件を管理して

    トラブル発生しても心配のない賃貸業が成り立つようになりました。

     

     

    しかしAribnbは色々なセーフティなシステムがあるとはいえ

    個人間の賃貸借をこんなにもオープンにする時代になったことに

    本当に驚きます。

     

    時代に流れで価値観は大きく変わるけど

    昔からオーナー業をしている方々からすると懐疑的だったと思います。

     

    不動産業自体がとても保守的な業界なので

    「オープン」を嫌う傾向があります。

     

     

    Airbnbもトラブルがゼロということはないと思いますが

    このように不動産取引がどんどんオープンになっていくことのは大賛成です。

     

    この業界がもっともっとオープンになれば

    本当にいい会社とそうでない会社がハッキリすると思います。

     

     

    ブランドのイメージや会社の立地や看板の大きさやチラシの量など以外にも

    お客さんから見て「この人となら取引したい」と思ってもらえる会社が生き残れば

    この保守的で権威的な業界も大きく変われると思います。

     

     

     

    Airbnbにさらなる期待をしています。

     

     

    | 田村ハウジング株式会社 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://tamura-fujmin.jugem.jp/trackback/1537