無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - |
    ←prev entry Top next entry→
    その裁判は絶対に負けます。
    0
      家賃を滞納するとオーナーから催促のお手紙が届きます。


      「○月○日をもって家賃が3ヶ月滞納となります。よって賃貸借契約は解除され、法的手続きをとることになります。」

      このような文章が内容証明で届きます。


      さて、借り主様の反応はいかがか?

      大体は
      「どうしよう。でもどうしようもないから無視しよう」
      こんなケースがほとんどです。


      しかし
      家賃滞納3ヶ月は裁判されたらほぼ確実に負けます。

      負けた結果退去。


      3ヶ月とは裁判しても負ける目安になっています。


      じゃあ3ヶ月以内だったらどうだろうか?


      家賃支払いの催促が届くのは変わらないでしょう。オーナーとしては支払う気がないなら出ていって欲しいというのが本心でしょう。

      だから3ヶ月以内だったとしてもオーナーと借り主の信頼関係は大きく崩れていますので、この修復は大変なことだと思います。


      でも私も物件を管理している立場として言えるのは

      オーナーも鬼ではないので、家賃を滞納しそうだと分かれば事前に管理会社に言って欲しい。

      そうすればオーナーもすぐに裁判をすることはないでしょう。
      さらに運がよければ
      退去はしてもらうけど次の住まいの契約金のための軍資金として、退去前の1ヶ月は家賃を支払わなくても良いと言ってくれる方もいるでしょう。


      とにかく大事なのは
      事態が大きくなる前に電話一本でも良いから報告すること。

      これができれば
      大体のトラブルは小さく収められるんです。


      誰も好きで滞納するかたはいないでしょう。
      不本意な経済的事情でしょう。


      そんなときにこのブログを思い出してもらえれば幸いです。



      k.tamrua
      | 田村ハウジング株式会社 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - |
        Comment
        name:
        email:
        url:
        comments:
        Trackback
        http://tamura-fujmin.jugem.jp/trackback/1627